/// めまいの話

/// めまいの話


日常生活でよくみられる症状に頭痛、めまい、しびれがあります。 もしかして頭の中に何か悪い病気でもあるのではと不安に思われたことはないでしょうか。

中枢神経系は一度障害されるとその再生は非常に困難であるため、そういった諦めに近い感情が起こってくるのでしょう。しかし実際にはその多くはあまり心配するような怖い病気ではありません。 もちろん中にはほんとうに命に関わるようなものもありますが多くはそうではありません。現代の医療では早期治療でなんとかなるものも多いのです。 だからこそ出来るだけ早い診断が必要になってくるのです。

めまいめまい
めまいには大きく分けて3種類あります。
1)回転性めまい
2)立ちくらみ
3)ふらつき

1)回転性めまい
一番わかりやすく、まわりの景色がグルグルと回るめまいです。その原因が頭の中(中枢性)なのかそれとも外(耳)(末梢性)なのか。耳鼻科で扱うめまいはまずこれだと考えていいと思われます。頭位変換性めまいやメニエール病、前庭神経炎などです。 頭の中が原因(中枢性)の場合は脳血管障害(脳梗塞や脳出血)や脳腫瘍といった脳の疾患です。

2)立ちくらみ
急に立ち上がったらクラッとしてしまったというめまいです。これは、頭の中(中枢性)が原因です。 すなわち、意識がなくなる直前の状態で、立ち上がった瞬間に血圧が急に下がり、意識の中枢である脳幹(網様体)が血流低下(虚血)に陥るために一次的に意識消失が起こるのが、この病態です。

3)ふらつき
よくフラフラ、フワフワとまるで宙に浮いたような感じ(浮動感)がするとか、何となく体が振れている感じ(動揺感)がするとか、といっためまいです。 これも多くの原因はやはり中枢性の平衡障害です。特に小脳や脳幹部の血流障害が考えられます。

つまり、脳幹や小脳に虚血が起こると、このような非回転性のめまい(立ちくらみやふらつき)が起こってきます。ここでこれが高齢者に起こる場合と若年者に起こる場合とがありますがその原因は全く異なります。高齢者の場合には、脳循環不全、すなわち椎骨脳底動脈循環不全症という脳卒中の前兆と考えていいと思われます。よってこれには十分な注意のもと早急な検査と治療が必要です。それに対して若年者の場合には、よくみられるのは起立性調節障害です。若い女生徒がよく朝礼中にひっくり返るといった例がそれです。自律神経の失調によって血圧が落ちて、フラフラしているわけですから、決して死ぬような怖い病気ではありません。この場合、心身療法や、運動療法をやるのがいいでしょう。

© 2015 takehashi clinic All Rights Reserved
住所:兵庫県西宮市門戸荘15-1トト・モンド / 電話:0798-53-4114